電動工具なしでDIY

〜電動工具を使わずにDIYを頑張る〜

エアコンのポコポコ音を止める!「おとめちゃん」の取り付け方

エアコンのポコポコ音を止める!「おとめちゃん」の取り付け方 アイキャッチ

エアコンのポコポコ音を解消するエアカットバルブ「おとめちゃん」の取り付け方を紹介します。

はじめに

先日エアコンを取り付けて快適になったなぁと思ったのですが、一つ問題が発生しました。

エアコンからポコポコ音が鳴ってる!  

風が強い日にエアコンからポコポコ音がするのです。
実はエアコンを設置する時に設置業者から「ポコポコ音がする場合がありますが、対策品を取り付けますか?」と聞かれてたのです。

あ、別にいいっす。  

高かったので断りましたが、案の定、ポコポコ鳴りましたよ。。

ということで、

今回はエアコンのポコポコ音を解消する「おとめちゃん」の取り付け方を紹介します!  

エアカットバルブ「おとめちゃん」

ポコポコ音がなる原因

ポコポコ音は故障ではありません。
気密性が高い部屋だと空気が通る場所が少なく、ドレンホースが空気の通り道になることがあります。
レンホースから外気が入り、室内機のドレンパンを空気が通過する時にポコポコ音が鳴るのです。

少し窓を開ければポコポコ音はしなくなりますが、エアコンの効きが悪くなるので窓を開けたくないですよね。

エアコンからポコポコ音が鳴る仕組み

エアカットバルブとは

レンホースから外気が入らないようにする商品がエアカットバルブです。
虫の侵入も防いでくれるので、ポコポコ音がなくても虫が気になる場合は付けておくと安心です。

エアカットバルブ「おとめちゃん」

エアカットバルブはいくつか種類がありますが、安価でレビューの評価も良い「おとめちゃん」を購入しました。 

こんな感じの簡易的なパッケージです。

おとめちゃん パッケージ

おとめちゃんは二箇所のツメを開くと二つのパーツに分割出来ます。

これは設置した後でも簡単に中を掃除出来るようにするためです。

おとめちゃん パーツ分割

内部にある重りで通常は内部の弁が閉じているので外気も虫も入りません
エアコンの室内機から水が流れると水の重みで弁が開きます

単純な仕組みですが、これでポコポコ音を防止してくれます。

おとめちゃんの仕組み

エアカットバルブ「おとめちゃん」の取り付け方

取り付ける場所

おとめちゃんを取り付ける場所は室外機側です。
室内機より1m以上低く、かつ垂直に取り付けます。
垂直に取り付けないと内部の重りのバランスが崩れ、弁の開閉が上手く機能しないので必須事項です

また、メンテナンスし易いように配管化粧カバーで隠れない位置が良いです。
我が家の例だと下の赤マルの場所になります。

おとめちゃんを取り付ける場所

レンホースのカット位置

まず、ドレンホースのジョイント部分をハサミでカットします。

ドレンホースのカット位置

上側はさらにジャバラ部分でカットします。
おとめちゃんは上側がメス、下側がオスになるため、このようにカットする必要があります。

ドレンホースのジャバラ部分をカット

レンホースの差込位置

レンホースの径により差込位置が異なります。
入る所までグッと押し込みましょう。

ドレンホースの差込位置

レンホースの固定

ジャバラの谷に沿って付属のクリップを通し、パチっというまで押し込みます。
これは抜け防止ですね。

ジャバラの谷にクリップを通す

最後にビニールテープでグルグル巻きにして固定します。
これで上側は完成です。

続いて下側もドレンホースを差し込みます。

ドレンホースにビニールテープを巻いて固定

下側もビニールテープでグルグル巻いて固定したら完成です。

下側もビニールテープを巻いて固定する。

私は普通のビニールテープを使いましたが、ホース用のビニールテープも市販されています。
耐水性、耐候性に優れているので長期的にはこちらの方が安心かもしれません。

 

メンテナンスする際はツメを開けばこのように分離します。
長期間使っていなかったり、付着物などがある場合は弁を水洗いします。

ツメを開けば分離可能

はい。そんなわけで今回は エアコンのポコポコ音を解消するエアカットバルブ「おとめちゃん」を紹介しました。

取り付けが簡単でコストパフォーマンスが高いので、業者に頼む前に検討してみる価値がある商品かと思います。

ポコポコ音が鳴らなくなったー! 

これでポコポコ音とはおさらばです!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ